総合型スポーツクラブとは?

  • 総合型スポーツクラブって何?
  • なぜ必要なの?
  • クラブをつくるのにはどうすればいいの?
  • クラブづくりのQ&A
  • クラブづくりのサポーター紹介

総合型地域スポーツクラブって何?

総合型地域スポーツクラブとは地域に住んでいる皆さんが主体となって運営するスポーツクラブのことです。複数の種目が用意されていて、子どもから高齢者まで、初心者からトップレベルの競技者まで、それぞれの年齢・興味・関心・技術レベルに応じてできるのが特徴です。

chiiki2

文部科学省(スポーツ振興基本計画)
  • 成人の週1回以上のスポーツ実施率が2人に1人(50パーセント)となることを目指す。
  • 10年間で,全国の各市町村において少なくとも一つは総合型地域スポーツクラブを育成する。(平成13年度〜平成22年度)
  • <週1回以上スポーツを行う者(20歳以上)の割合は平成12年で37.2%(内閣府推計)>

総合型地域スポーツクラブのメリットは?

  • それぞれのライフステージに応じたスポーツ活動ができ,生きがいづくりになる。
  • 健康で活気に満ちた地域づくりにつながる。
  • 親子や家族・世代間の交流が促進される。
  • 家庭・学校・地域が連携した子どもの健全育成になる。
  • スポーツ施設や地域の人材の有効活用ができる。
  • 地域コミュニティの形成をはかることができる。
  • 医療費の削減につながる。

総合型地域スポーツクラブがあればこんな夢が実現!

  • 自分の体力や技能レベルに応じていろいろなスポーツにチャレンジできる。だからクラブにいくのがとても楽しい。
  • スポーツを楽しんだ後は、交流の場となる。
  • 親子でできるスポーツも盛りだくさんある。
  • メディカルチェックを受け、自分の体力や健康状態にあったスポーツプログラムも組んでもらえる。
  • 学校部活動と連携した一貫指導で、将来有望な選手を育成することができる。
クラブを通して、健康で明るく、楽しい、地域づくり、町づくり生きがいづくりをしましょう!
女性イラスト

次のページへ