沿革

[JAバンク蔵本公園−沿革]
昭和27年7月 都市計画法、都市公園法に基づき、旧43練隊連兵場跡に、野球場、テニスコート、相撲場がつくられた。
昭和48年7月 競技用プール(50m、25m、飛込み)がつくられた。
財団法人 徳島県総合運動公園協会蔵本事務所発足
昭和55年3月 野球場改築、本館新築工事が竣工した。
昭和56年2月 庭球場クラブハウスが新築竣工した。
昭和56年4月 ジュニアプール25メートルが新築竣工した。
昭和59年5月 相撲場が改築された。
平成4年3月 公園正門周辺整備事業が施行された。
平成4年7月 テニスコート(フェンス・コート・支柱)が改装された。
平成5年3月 野球場内外野スタンド椅子席が改装工事竣工した。
平成5年3月 電光掲示板が新装された。
平成5年8月 相撲場の土俵が改修された。
平成6年3月 50メートル、25メートルプール自動塩素管理システムが導入された。
平成7年3月 プール観覧席が改修された。
平成8年3月 プールサイド改修工事。相撲場更衣室が竣工した。
平成9年4月1日 財団法人 徳島県総合運動公園協会と財団法人 徳島県スポーツ振興事業団との合併により、従たる事務所を徳島市庄町1丁目76番地の2に置かれた。
平成10年3月 庭球場、全天候型コート(10面)改修された。
平成10年3月 幼児プール内面修理工事・循環濾過機修理工事完了、自動塩素管理システム導入された。
平成10年7月 飛込みプール自動塩素管理システムが導入された。
平成14年3月 庭球場クラブハウス改修工事が完了した。
野球場スコアボード改修工事が完了した。
平成16年6月 野球場グラウンド改修工事が完了した。