徳島県スポーツ振興財団は、一般財団法人に移行しました。

2013 年 4 月 1 日 · Filed in ◎お知らせ

ご あ い さ つ

 本財団は、徳島県知事から一般財団法人への移行認可を受け、平成25年4月1日からは、これまでの財団法人徳島県スポーツ振興財団から一般財団法人徳島県スポーツ振興財団へと改称し、新しい歩みを始めました。

 本財団は昭和46年に誕生以来、40年間余にわたり県立の運動公園や体育施設の良質な管理運営に努力を重ねてまいりますとともに、平成9年には国民体育大会を期に創設された徳島県スポーツ振興事業団と統合し、競技スポーツや生涯スポーツの普及・振興に力を傾注してまいりました。

 こうした中で、本県においては、糖尿病をはじめとした生活習慣病対策や、子どもの体力向上への取り組みが重要かつ緊急の課題となり、スポーツ施設には、県民の皆さんの健康づくりの拠点としての役割がますます期待されております。また、東日本大震災を契機として、避難所機能の強化や省エネ型の施設運営などの新たな課題への対応も迫られるなど、様々な場面で未来志向の変革が求められてまいりました。

 新しく生まれた徳島県スポーツ振興財団は、一般財団法人としての利点を生かしながら、まずは『安全・安心で快適なスポーツ施設』としてご利用・ご活用いただけるよう、地域性に根ざした質の高い管理を多彩に展開してまいります。さらに、施設の価値を向上し環境を重視する運営、県民の皆様に喜ばれる効果的運営、厳しい財政状況をふまえた効率的経営に努めてまいります。

 一般財団法人移行にともない、主務官庁の指導監督の下ではなく、原則自主的に事業を推進していくこととなりましたが、引き続き公益目的支出計画に沿った競技力向上事業をはじめとした公益的な事業を中心に展開するとともに、新たな課題にも積極的に取り組み、スポーツを「する人」や「見る人」だけでなく、「地域に住む人」など多くの関係者の要望や期待を的確にとらえた法人運営に心がけてまいります。

 これからも本財団に与えられた使命「健康と体力づくり」 「とくしまスポーツ王国づくり」 「新しい公共空間の創出」をしっかりと果たすべく、全力で挑戦しつづけてまいりますので、皆様と共に歩む徳島県スポーツ振興財団をどうぞよろしくお願い申し上げます。