自主防災会が避難場所を視察

2011 年 4 月 17 日 · Filed in ◎お知らせ, [鳴門・大塚スポーツパーク]

4月17日午前10時、災害時の避難施設に指定されている鳴門・大塚スポーツパーク内のアミノバリューホール(体育館)とポカリスエットスタジアム(陸上競技場)を鳴門市立岩五枚地区(25軒)の住民の皆様が視察に訪れました。

東日本大震災により皆様の地震津波に対する意識はさらに強まる中、さまざまな意見が飛び交いました。

トイレや給湯設備、冷暖房設備が備わっていることには安心されたものの電源や水の供給、施設の開鍵や毛布の確保方法など、多くの課題が話し合われ、行政も含めての準備や訓練の重要性を再確認した一時でした。

私たち徳島県スポーツ振興財団職員は住民の皆様の避難場所としての役割を十分に果たすことができるよう努めてまいります。