ウォーキング

2009 年 6 月 26 日 · Filed in Let's 体力づくり, ◎お役立ち情報

歩くことは、いつでもどこでも簡単にできる運動です。歩くことは前身の 2/3の筋肉を使います。また、足や膝の負担も少なく年齢を問わず、忙しくて時間のない人でも実施可能な種目です。

歩くことは、いつどこでも、一人でも可能な運動であり、日常生活には欠かせない移動手段です。しかし、今日のように交通手段が発達すると、極端な場合歩くのは家の中だけということになってしまいます。現代の生活では、歩こうという意志をもたない限り、あるいは仕事や運動で歩き回るという環境にない限り、自然に運動不足になっていきます。

歩くことは体全体の2/3もの筋肉を使う全身運動です。歩くときはどちらかの脚が必ず地面についているので、走ることや跳ぶことに比べて着地のときに関節にかかる衝撃が少なくなります。従って年齢を問わず体力の低い人にも、忙しくて運動時間のない人でも通勤や休み時間を利用して実施可能な、日生活に密着した運動といえます。

正しく歩くため歩く速度や歩によって運動強度を調節できます。時速4km程度のゆっくりした歩行では約40%V02maXぐらいのかなり低い強度です。はじめは普段の歩行より1〜2割速い速度で10分ぐらい歩いて目標心数以内で歩けるなら、徐々に距離を増やし、次に速度を速くします。時速6〜8kmを最終目標にします。

正しく歩くチェックポイント

正しい歩き方

正しい歩き方