ディスクゴルフ

2009 年 4 月 13 日 · Filed in ニュースポーツ辞典

>>「ニュースポーツ辞典」(目次)にもどる

概 要

photo_011

ディスクゴルフ

ディスクゴルフは金属製のバスケットに向かって、フライングディスクを投げ、何投で入ったか競うゲームです。ディスクは空中に投げたり、転がしたりバウンドさせたりしてもよく、一投ごとにディスクを交換してもかまいません。人気度の非常に高いスポーツなので各地にディスクゴルフコースがあります。

用 具

ディスク(直径21〜28cm・重さ200g以下)ディスクゴルフゴール・ティーマーク・ティーライン。

場 所

1ホールにつき20〜30m

人 数

4人1組

ゲームの進め方

ルールや進行方法は、ゴルフとほば同様です。

  • 投げる順番は、くじやジャンケンで決めます。
  • 進行中の投げる順番は、ゴールから最も遠いプレーヤーが行います。
  • 2ホール目以降のティースローは、前のホールのスコアのよいプレーヤーから投げます。もし、前のホールが同成績ならば、その前の順番に従います。
  • ディスクがゴールチェーン、あるいはバスケットの中に入ればホール終了です。

得 点

ゴルフと同様のスコアリングになり、セルフジャッジのゲームとなります。距離の長さにかかわらず、全てのホールがパー3ですが、はじめは9ホールで36、18ホールで72ぐらいを目指してください。

photo_021

ディスクゴルフ

photo_03

ディスクゴルフ