ロコモティブシンドローム予防講座の開催について

1 目 的

健康寿命を延ばし,中高齢者が健康で生き生きと生活を過ごすためには,自ら活動できる力を保持することが大事であり,普段の生活の中で習慣的に運動を行うことが有効です。

そのため,家庭や地域において仲間と楽しみながら,スポーツやエクササイズを継続して実施できる環境や,運動の効果を理解したうえで,自らの体重を利用した中高齢者でも安全に実施することができるエクササイズをご紹介します。

また,総合型地域スポーツクラブと指導者の連携を深め,地域においてより効果的に,中高齢者に適切な運動指導ができる人材を養成・活用することを目的として開催します。

 

2 主 催

一般財団法人徳島県スポーツ振興財団、徳島県

3 協 賛

大塚製薬株式会社

4 日 時

平成27年3月23日(月)午前10時~正午(受付:午前9時30分~)

5 場 所

鳴門・大塚スポーツパーク アミノバリューホール (2階) 視聴覚室

6 内 容

(1)足腰強化でロコモを予防、健康寿命を延ばそう!

講師:徳島大学大学開放実践センター 教授 田中俊夫 先生

(2)情報提供(大塚製薬株式会社)

 

詳しくは、次のファイルをご覧ください。

ロコモティブシンドローム予防講座